2015年07月31日

大勢力に囲まれ、主家に取ってかわりながらも命脈を保った鍋島直茂の佐賀城を旅する 佐賀県佐賀市


佐賀城01.JPG


昔、同僚だった佐賀出身の女の子が地元のことを「鍋島」「鍋島」と言っていたのを思い出します。
とは言っても、鍋島焼や歴史ファンには鍋島直茂から連想すれば、「ああ、なるほど」と思うところもあるはず。
ただあまり、大河ドラマなどには、出てこないのも事実ですね。

その佐賀藩、鍋島家の成り立ちは、複雑だ。
後に佐賀藩祖となった、鍋島直茂の時代、主家は龍造寺氏だった。
龍造寺氏は、その頃、少弐氏と争った。
少弐氏を打ち破ると、大友氏と争うようになる。
大友氏が衰退し始めると、南から伸張してきた島津氏と争うようになる。
島津氏との闘争の中、龍造寺家の前当主だった、龍造寺隆信が戦死してしまう。
野戦で前当主・隆信を失った直茂は、命からがら本拠城・村中城(佐賀城)へ逃げ帰る。
村中城を取り囲む島津軍は、隆信の首級を龍造寺氏に戻すことを条件に開城を迫るが、直茂はキッパリ断る。
この直茂の態度により、直茂並びに龍造寺氏は破格の条件で島津に組み込まれることになるのだが。。。
その裏で、直茂は秀吉と誼を通じ、島津征伐を求める。
この行動を秀吉が高評価し、結果、直茂が国政を担うようになる。
関ヶ原戦では、直茂の嫡子・勝茂が西軍についていたが、東軍の勝利を予測していた直茂により引き上げさせられ、直茂は直茂で、東軍の勝利へ、積極的な態度を見せる。
さらに、家康から九州の西軍の城の攻略に取りかかり、久留米城、柳川城を相次いで落城させる。
この評価により、35万7000石が安堵される。
この後、村中城は、佐賀城と名前を変え、発展を遂げていくことになる。
隆信の孫・高房は、幕府に対して、復権を求めるが、認められず、他の龍造寺氏の一族も直茂に恭順を示すと、高房は、直茂の養女であった婦人を殺害、自らも自殺未遂した。
この事件から、いっそう、直茂の政権基盤は確固たるものとなった。
しかし、直茂は藩主とはならず、子の勝茂が初代藩主となり、鍋島藩では、直茂を藩祖、勝茂を初代藩主と呼ぶ。

現代に当てはめて言うなら、
一族経営だった会社が窮地に陥った時、社員から後継者を選び、窮地を脱したものの、その後、創業家に実験が戻ることはなかった。といった感じだろう。

晩年の直茂は、耳に腫瘍ができ、その激痛で悶死したと言われる。
そのさまは、復権ならなかった高房の呪いとも言われている。

JR佐賀駅から佐賀城跡へと歩いて行くと、昔、堀であったであろう川にいくつが行き当たる。
平地に築かれた佐賀城にとって、いかに堀が重要であったかもよく分かる。

現在の佐賀城は、鯱の門と続櫓、移築された御座の間のほか、石垣、土塁、堀が残っているが、特筆すべきは、御殿が復元され、佐賀城本丸資料館として使用されていることだろう。
三度笠は、2013年の秋に訪れたが、その時はとても新しかった。
ただし、江戸期のようなきらびやかさはなく、装飾は最低限になっている。
御殿が現存している城は極めて少ない(二条城、掛川城、高知城など)が、御殿を復元している城も、また少ない。
熊本城、彦根城、2015年時点で復元中の名古屋城などである。

佐賀城本丸資料館の展示で印象深いのは、あまり知られていない佐賀藩の先進性。
幕末には、多くの優秀な人材を排出し、日本で初めて反射炉を成功させ、大砲を作成したのも、実は、佐賀藩らしい。
しかし、主役は、薩長に奪われ、余り目立つことが出来なかったと、まるで龍造寺高房の恨み節のように書き綴っている、、、とまで言っては言い過ぎか?
佐賀城02.JPG鯱の門と続櫓


佐賀城03.JPG佐賀城の堀。


佐賀城04.JPG城の堀の他にも小さな堀(用水路?)や川が網目のように張り巡らされている。


佐賀城05.JPG高さは特筆するほどではないが、立派な石垣。


佐賀城06.JPG

佐賀城07.JPG


佐賀城08.JPG鯱の門内の石垣。


佐賀城09.JPG


佐賀城10.JPG鯱の門を裏から。


佐賀城11.JPG復元された御殿(佐賀城本丸歴史館)。


佐賀城12.JPG


佐賀城13.JPG御殿から撮影。復元された天守台?


佐賀城14.JPG御殿から撮影。土塁。


佐賀城15.JPG


佐賀城16.JPG


佐賀城17.JPG


佐賀城18.JPG


佐賀城19.JPG大砲のレプリカ。隣接する、美術館、博物館内にも、数門のレプリカがあります。


【入館料】
決まった入館料をいただいておりません。
皆様の満足度やお気持ちに応じた募金をお願いしています。

【開館時間】
午前9時30分〜午後6時
休館日 12月29日〜31日


【名物】
鍋島焼
有田焼
伊万里焼
唐津焼
白石焼
肥前吉田焼
肥前尾崎焼
武雄古唐津焼(黒牟田焼/多々良焼/小田志焼)

呼子イカ
小城羊羹


【祭り】
佐賀城下栄の国まつり(8月上旬)


【周辺情報】
三重津海軍所跡(世界文化遺産)
築地反射炉跡(日本初の実用反射炉)
隔林亭
のこぎり型家並み
丸山遺跡
吉村家住宅
眼鏡橋
吉野ヶ里歴史公園


【交通】
JR佐賀駅より県道29号線を南に約1.5キロ。
佐賀大和ICより南へ、国道263号線、国道264号線を経て約10キロ。
与賀町信号を左へ。佐賀県庁を経てすぐ。

[ここに地図が表示されます]






posted by 三度笠 at 11:19| Comment(0) | お城記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

5つの国宝天守のうちのひとつ、現存する日本最古の城郭を持つ松本城を旅する 長野県松本市


松本城01.JPG
松本城は、国内に4つしかない国宝天守を持つお城です。
他には、姫路城、彦根城、犬山城です。

そもそも、松本城に行った際に国宝天守が4つしかなかったものの1つとしり、他の3つの城にも行きたくて城巡りをするようになりました。

4つは行きたい。と思ってから、100城を超えてますw

個人的なことはどうでもいいですねm(__)m

松本城は、元々、深志城といい、小笠原氏によって築かれた林城の支城でした。
武田信玄の侵攻により、一時、小笠原氏の手を離れますが、後に返り咲きます。
武田氏の支配下にあった頃に、林城は廃城となり、深志城(松本城)は紆余曲折を経て徳川家臣となった小笠原氏のもとに戻ります。
この時に、松本城と改称しました。
ちなみに、深志の地名は、深志神社などに今も残ります。
秀吉の小田原征伐がなると、その時、信濃を支配していた徳川家康が退き、松本城には、秀吉のもとへ出奔し徳川家を大混乱させた、元徳川の重鎮・石川数正が入城します。
この石川数正と子によって、松本城の天守他城郭、城下町が整備されることになります。
その後、一度、再び小笠原氏のもとに戻りますが、いくつかの大名が入れ替わり支配し、明治を迎えます。

連結天守であり、城のつくりとしては豪華です。
特に目を引くのは、月見櫓で、赤い欄干を持つ「月見」用の優雅な櫓があるような城は大変珍しいです。
そして、もうひとつの特徴は、大天守の最上階に欄干がないということ。
これは、雪の多い松本で、欄干があると、破損や腐食の原因になるとのことで、構造上は欄干があるものの、壁の内側に設けている形をとっています。
なので、大天守最上階の印象は、「寸胴」に見えます。

また、処刑された人の祟により傾いたという大天守の写真が大天守内に見られます。
訪れた際には、見てみるといいかなと思います。
かなり傾いています。というより、よく崩れなかったなという印象です。

その傾きは、当然、修復され今は、まっすぐに建ち、420年以上前からこの地にある威風堂々とした姿を今も見せています。

松本城02.JPG赤い橋の欄干が美しい

松本城03.JPG左手が月見櫓

松本城04.JPG建設当時、幅広い堀は、天守に直接鉄砲が届かない。

松本城05.JPG

松本城06.JPG黒門

松本城07.JPG黒門の裏側

松本城08.JPG

松本城09.JPG旧シャチホコ

松本城10.JPG

松本城11.JPG内部。柱や梁の量がすごい。
お正月明けに行ったら、靴下2枚でも寒かったです(TдT)

松本城12.JPG国友鍛冶の血を引いてるので萌えますw

松本城13.JPG破風の裏側。ここからも、鉄砲をぶっ放す!

松本城14.JPG大天守内の御座所?有事には、お殿様がお座りになる。


【入館料】
大人 610円(団体割引あり、人数によって異なる)
小中学生 300円(団体割引あり、人数によって異なる)


【開館時間】
通常 8:30〜17:00
ゴールデンウイークまたはお盆 8:00〜18:00 
※12月29日〜1月3日は休館日


【名物】
そば


【祭り】
国宝松本城「太鼓まつり」(7月下旬)
国宝松本城「月見の宴」(9月下旬)
信州・松本そば祭り(10月)
国宝松本城「古式砲術演武」 (10月)
ほか


【周辺情報】
深志神社
縄手通り
中町通り
旧開智学校(重要文化財)
松本民芸館
松本市美術館
松本市立博物館
松本市時計博物館
美ヶ原高原美術館
上高地


【お問い合わせ】
松本城管理事務所
〒390-0873 松本市丸の内4-1
電話:0263-32-2902 FAX:0263-32-2904


【交通】
長野自動車道 松本ICから国道158号を松本市街地方面へ向かい約3km(約15分)
JR篠ノ井線「松本駅」下車 徒歩約15分
松本周遊バス「タウンスニーカー」北コース
「松本駅お城口」発 → 「松本城・市役所前」下車 乗車時間約10分


【駐車場】
■市営松本城大手門駐車場 松本城まで徒歩約5分 開場 7:30〜22:30
■市営開智大型駐車場 松本城まで徒歩約5分 開場 8:00〜17:00
■市営開智駐車場 松本城まで徒歩約5分 開場 8:00〜18:00





posted by 三度笠 at 13:20| Comment(0) | お城記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

家康が築いた出世城・浜松城を旅する 静岡県浜松市


浜松城01.JPG

浜松城の始まりは、今川時代。
しかし、歴史上、大きく役割を持つようになったのは、家康が居城を浜松に移してから。
今川時代は、曳馬城と称された。
この曳馬城を基に家康によって造られたのが浜松城。
ただ、実際の曳馬城や浜松城は、現在の場所ではないという研究もされているらしい。

浜松城は、別名を出世城と呼ばれる。
その理由は、城主になった大名は、江戸幕府で重鎮になることからと言われるが、
実際は、それ以上に、家康自身が出世した。

家康が、浜松に居城を変えたのは、武田信玄の上洛作戦に備えた1570年。
2年後の1572年。武田信玄は、甲斐を出発。上洛作戦が開始される。
怒涛の進軍を続けた武田軍は、浜松の家康に襲いかかる。
武田軍は、浜松城を素通りする。
家康は、プライドを傷つけられたか、チャンスと見たか、武田軍を追う。
三方原で一転。武田軍三万は踵を返し家康軍八千と正面衝突する!
通常の追い打ちであれば、追い打ちを掛けた側が圧倒的に有利となるが、
それを見越した武田軍は、反転し対峙する作戦に出て、家康軍は大混乱に陥る。
家康軍は、散々に打ち破られ、家康は敗走。
恐怖に糞尿を漏らしながら、敵に見つからないように馬の反面にへばりつくように浜松城に帰城。
帰城した家康は絵師を呼び、その時の姿を描かせた。
家康がこれと同じ恐怖を再び味わうのは、43年後の真田信繁(幸村)による。
家康が帰城した浜松城。
家康は一計を案じ、浜松城に篝火を焚き、掃き清め、門を開け放った。
その様子に、武田軍の物見は訝しんだ。
「罠ではあるまいか?」
そんな状況もあり、先を急ぐ武田軍は、浜松城を捨て置いた。
家康は、一命を保った。
これが、三方ヶ原の戦いの顛末。

ここから家康の運命が開ける。

家康とは逆に。。。
上洛へ先を急いでいた武田軍であったが、突如進軍を止める。
上洛作戦前から体調を崩していた武田信玄の病状が悪化。
長期の進軍停滞の間に落命する。
武田軍は甲斐に引き上げ、武田家の伸張も膠着する。
しかし、実際は、信玄の跡を継いだ勝頼時代に最大領土を得ることにはなるのだが。。。

その前に。
武田信玄の上洛を待っていた足利15代将軍・義昭は、織田信長に攻め立てられ、足利家・室町幕府は滅亡する。
義昭といえば、1567年に松平から徳川に改姓した家康を最後まで松平と呼び続けていたという。
室町幕府の滅亡により、名実ともに家康は「徳川」となった。
後に、徳川幕府を開き将軍になる家康にとっては、とても大きな出来事だったかもしれない。

信玄時代は、旧今川領を分け合うことになっていた、徳川・武田両家ではあったが、勝頼時代になると、徳川・武田の抗争が勃発。
家康は再び窮地に陥るが、これまで何度も手伝い戦には行っても、一向に救いの手を伸ばしてくれることがなかった同盟者・信長が、初めて参陣した。
これが長篠の戦いで、信長の鉄砲隊は、武田軍を散々に打ち破り、武田家は山県昌景など有力家臣を多く失い、一気に弱体化した。

1578年。
信長の命で、長男・信康を失うことになるが、妻・築山殿も失う。
事実は分からないが、築山殿は今川家からの妻で、家康にとっては正妻であったことが不都合だったかも知れない。

その4年後には、家康に天下を望む意思があったとすれば、後々最大の障壁となるであろう織田信長が本能寺の変で命を落とした。

本能寺の変の前に、勝頼の武田家は、信長と家康の連合軍により滅亡していたが、旧武田領には信長の家臣・滝川一益が入っていた。
しかし、滝川一益は、本能寺の変を知ると、旧武田領を放棄してしまう。

一応の主を失った旧武田領は切り取り放題。
本能寺の変が起きた京都より、命からがら逃げ帰った家康は、旧武田領を北条氏と分け合う形で切り取り放題切り取り、広大な領土と、優秀な旧武田家臣、そして、信玄が磨きあげた武田家の兵法までも手に入れた。

更に、これを持って信長の弔い合戦を制した秀吉と争うこと(小牧・長久手の戦い)となるが、両者勝敗つかずで、秀吉政権に組み込まれることになるが、秀吉政権内でも秀吉が手を焼く存在となった。

最後に朝廷より、正三位に叙任される。

これが、家康の浜松時代の17年間の出来事。
それなりに、苦労や、絶体絶命のピンチもあったが、領地も家臣も増え、そればかりか、数々の障壁を取り除くことが出来、一気に天下取りへの礎を築く事ができた、浜松時代の家康だった。



浜松城02.JPG近世にはなかったという浜松城復興天守。
家康が17年間在城したことを考えれば、元々天守がない可能性は考えづらいが、
このデザインだったかは微妙。

浜松城03.JPG

浜松城04.JPG

浜松城05.JPG現存する石垣は少ないです。

浜松城06.JPG2014年春完成間近と思われる天守門。奥行きがなく、カメラに入りきらなかった。。。w

浜松城07.JPG

浜松城08.JPG

浜松城09.JPG

浜松城10.JPG石落としの様子がよく分かる。が、普通なら、4つの角についていそうだが。。。

浜松城11.JPGお風呂ではありません。天守の下にあったとされる井戸。天守内なら戦中でも安心して取水できる。

浜松城12.JPG三方ヶ原で敗走直後に書かせたとされる家康の肖像

浜松城13.JPGゆるキャラは、もちろん、出世大名家康くんw
毎週日曜日の11時と13時に家康くんに会えるぞ!

浜松城14.JPG城址公園内の家康像


【入館料】
大人(高校生以上)200円 団体割引、30人以上1割、100人以上2割
中学生以下無料


【開館時間】
午前8:30〜午後4:30
※休館日 12月29日・30日・31日


【名物】
うなぎ
餃子(宇都宮とトップ争い中)
牡蠣
牡蠣カバ丼
うなぎパイ
三ヶ日みかん


【祭り】
浜松まつり(凧揚げ合戦、御殿屋台引き回し、5月)


【周辺情報】
浜名湖
新居関所
東照宮(曳馬城跡)
椿姫観音
犀ヶ崖古戦場
天竜川
可睡斎(家康由来の寺、1000体の雛人形が有名)
掛川城跡(珍しい現存御殿あり)
横須賀城跡
高天神城跡
掛川宿
袋井宿
見附宿


【交通】
■遠鉄バスご利用の場合
バスターミナル(1)(13)乗り場発のすべてのバス
「市役所前停」下車→徒歩 約6分

■タクシーご利用の場合
浜松駅北・南口タクシー乗り場より乗車約5分

■マイカー、大型バスをご利用の場合
浜松ICより約30分
浜松西ICより約30分

浜松浜北ICより約40分
※浜松城公園駐車場または近隣の民間駐車場をご利用下さい
※大型バス駐車場あり。大型バス駐車場の空き状況、ご予約等は公園駐車場(053-457-0088)へお問い合わせ下さい。
FAXでのお申込→FAX(053-457-0089)。

[ここに地図が表示されます]



続きを読む
posted by 三度笠 at 01:43| Comment(0) | お城記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。