2016年04月30日

真田信之が失意の中から発展させた10万石の松代城を旅する 長野県長野市

松代城01.JPG
関ヶ原の戦いの際、上田城を本拠としていた真田家は、家名存続のため、真田昌幸・真田信繁(幸村)親子と、真田信之とが別れ、それぞれ、西軍、東軍についた。
西軍についた真田昌幸・真田信繁は、上田城に籠もり、東軍・徳川秀忠が率いる38000を迎え撃った。
その秀忠軍の中に、真田信之もあった。
真田信之は、上田城の開城交渉にあたった。
真田信之は、東軍に付くに際し、父と弟が籠る上田城及び上田10万石を安堵されていた。
徳川秀忠軍は、上田城攻略にこだわり、関ヶ原戦に遅参したが、関ヶ原戦は、東軍が勝利し、真田昌幸・真田信繁親子は、上田城から退去。替わって、真田信之が上田城に入った。
上田城を拝領した真田信之は、父から受け継ぐ形になった上田を、さらなる発展に導いた、、、のも束の間。
幕府からの命により、松城10万石へ国替えとなった。
以後、信之の真田家は、幕末まで、松代を領することになる。

真田信之が転封されることになった松代城は、もとは海津城といった。
海津城には、真田家も縁があった。
というのも、海津城は、真田が2代にわたって仕えた武田信玄が上杉謙信の侵攻に備え、川中島防衛のために、山本勘助に縄張りをさせ、信玄股肱の臣・高坂弾正を入れた城であった。

川中島の戦いは、大名刹・善光寺の取りあいとも言われた。
その善光寺に近い松代を信玄に仕えた真田家が拝領し、真田家が善光寺の外護職を務めたというのは、何かの因縁であろうかとも思う。

そして、父・真田昌幸、弟・真田信繁の無念を知る真田信之が領した松代から、幕末の思想家・佐久間象山が現れ、倒幕派に多大な影響を与えたというのも、また、何かの因縁であろうか?

松代城02.JPG


松代城03.JPG


松代城04.JPG


松代城05.JPG


松代城06.JPG


松代城07.JPG


松代城08.JPG


松代城09.JPG


松代城10.JPG


松代城11.JPG


松代城12.JPG


松代城13.JPG

【入館料】
なし
※ただし、周辺施設は必要。



【開館時間】
午前9時〜午後5時



【名物】
信州そば
おやき

松代焼(陶器)



【祭り】
松代藩真田十万石まつり(毎年10月頃)
長野灯明まつり(毎年2月頃)



【周辺情報】
真田宝物館
真田公園
旧真田邸
旧横田家住宅
松代城下町
象山記念館
池田満寿夫美術館
善光寺
川中島合戦場
オリンピックスタジアム(旧長野オリンピック開会式会場)



【交通】
JR信越本線篠ノ井駅を出て、東へ進み、県道385号線を進む。
千曲川に出て右折(南)。
国道403号線に出たら左折し東へ進む。
そのまま上信越自動車道沿いに進み、上高相信号を右折(南東方向、県道35号線)。
荒神町信号を右折(西へ、細い道に入る)。道なりに400メートルほど進むと到着。

上信越自動車道・長野ICで降り、長野インター信号を左折(南へ、県道35号線)。
400メートルほど進み、長野インター南信号を右折(南西方向、国道403号線)。
100メートルほど進み、上高相信号を左折(南東方向、再び県道35号線)。
荒神町信号を右折(西へ、細い道に入る)。道なりに400メートルほど進むと到着。


[ここに地図が表示されます]












posted by 三度笠 at 19:23| Comment(0) | お城記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

岡山城の花風景


岡山城と花1.JPG



岡山城の花風景です。
これは、風薫る5月の様子。
実際は、岡山城自体には、それほど花は多くないと思いますが、
なんといっても、日本三名園のひとつ、岡山後楽園が控えています。
最初の写真は、岡山城天守の入り口ですが、その他は、岡山後楽園から。
岡山後楽園。もちろん、大名庭園ですから、お城の一部でもあります(*^_^*)



岡山城と花2.JPG



岡山城と花3.JPG



岡山城と花4.JPG



岡山城と花5.JPG



岡山城と花6.JPG






posted by 三度笠 at 19:53| Comment(0) | 城と花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

佐倉城の桜風景


佐倉城の桜風景01.JPG



成田空港からほど近い、千葉県佐倉市にある佐倉城の桜風景です。
「佐倉」と「桜」文字は違いますが、名前負けしないように?桜の名所となっています。
が、この佐倉城、建物は残っていないし、更に、石垣がないお城です。
なので、一見すると、丘陵を活かした公園のように見えます。
石垣がなく、土塁・空堀が中心のお城で、姥が池と裏に降りるとお堀の名残の沼?があります。
江戸時代になってから作られたお城で、幕臣の土井利勝が作ったお城です。



佐倉城の桜風景02.JPG



佐倉城の桜風景03.JPG



佐倉城の桜風景04.JPG



佐倉城の桜風景05.JPG



佐倉城の桜風景06.JPG



佐倉城の桜風景07.JPG



佐倉城の桜風景08.JPG



佐倉城の桜風景09.JPG



佐倉城の桜風景10.JPG






posted by 三度笠 at 12:13| Comment(0) | 城と花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。