2014年11月09日

島原の乱の舞台・島原城を旅する 長崎県島原市

島原城-01.JPG

島原の乱の舞台になったお城の一つです。
島原城は、幕府側の拠点。
天草四郎たちが籠ったのは、熊本側、天草の原城です。
原城は、城域のみで建物はないようです。
島原城は、復元天守と櫓3基、お堀ががあります。

島原城-02.JPG

島原城-03.JPG

島原城-14.JPG

天草四郎像

天守に向かい合って、雲仙普賢岳の噴火に関する資料が展示されている、
観光復興記念館があります。

他に長崎の平和祈念像の作者・北村西望の作品の展示、平和祈念像の試作品の展示があります。島原出身の芸術家です。
島原城-04.JPG
ドドンパ?(桃白白?)

平和祈念像の顔が、同じ島原出身の草野仁さんに似ているのは気のせいでしょうか?
ある意味、不思議発見ですね。
島原城-05.JPG

■開館時間
9:00〜17:30

■休館日
12月29日、30日の2日間

■料金 【天守閣・観光復興記念館・西望記念館、三館共通入館料】
大人540円
小・中・高生270円
団体(30人以上)は個人の2割引

■駐車料金
一般車両320円
小型バス540円
大型バス1,080円

■お問い合わせ先
【一般財団法人 島原城振興協会】
〒855-0036 長崎県島原市城内一丁目1183−1
TEL:0957-62-4766

【島原市産業部】しまばら観光おもてなし課
〒855-0045 長崎県島原市上の町537
TEL:0957-63-1111


【周辺情報】
近くには武家屋敷も残されています。
島原城-06.JPG
武家屋敷通り

島原城-07.JPG

島原は水の里で、少し甘味を感じる水が豊かです。
島原城-08.JPG

水がとても綺麗で、鯉が宙に浮いているようにも見えます。
@鯉の泳ぐまち

島原城-09.JPG
こちらでお茶を淹れていただきました。ほんのり水の甘みを感じます。

島原城-10.JPG
湧水庭園では、お嫁さん?が撮影していました。とても綺麗でしたよ。
写真撮影は控えました(^^ゞ


その他、少し遠いですが、天草からイルカウォッチングができます。
遭遇率は驚異の98パーセントらしいです!


【名物】
島原城-12.JPG
ろくべえ(まんじゅう)

島原城-11.JPG
島原の水を活かした、かんざらし

【交通】
島原城へは、諫早駅から、島原鉄道または島原鉄道バスで。島原駅下車。
※約1時間。長崎空港から諫早駅までは約50分。
駅から天守が見えます。
お城を半周眺めて入り口です。徒歩10分。
島原鉄道で、有明海を眺めながら行くのと旅の情緒はアップします♪【旅のススメ】
島原城-13.JPG
島原鉄道の車両

島原鉄道では、電車、バス、船に乗れる切符を発売しています。
島鉄3兄弟 ¥1000ー

[ここに地図が表示されます]


羽田から長崎までひとっ飛び!1時間半!




posted by 三度笠 at 18:39| Comment(2) | お城記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雲仙普賢岳の噴火から23年なるんですね。同じ年の5月に妹たちと雲仙温泉に行った1か月ごにあの土石流ビックリしました。それから何年か後に土石流の被害のあった所通りましたか゛跡形もなく復旧していたので安心しました、
沢山写真写したんですね。
Posted by むそたとくお at 2014年11月30日 19:57
むそたとくおさん。
写真は、まだまだ、一部です。
2回行ってるし(^^ゞ
普賢岳のことは、資料館的に残ってるみたいですけどね。
Posted by 三度笠 at 2014年12月02日 00:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。