2015年09月09日

武田信玄の本拠地だった躑躅ヶ崎館を旅する 山梨県甲府市


躑躅ヶ崎館01.JPG武田神社入り口

城を旅するがテーマのこのブログ。
しかし、今回は、「館」です。
とはいえ、「館」といっても、実際は、極めて城の様相です。

戦国時代。
城主は城には住まず、別の館に住んでいた場合も多いようです。
例えば、武田信玄が初陣で落城させた海ノ口城は、山城で平地が少ないお城です。
武田軍が押し寄せた時、館から移動し城に籠もり、武田軍が退くと武装を解除し、館へと戻りました。
その隙を突いて、信玄の部隊だけが、海ノ口城に取って返し、陥落させました。

特に山城の場合は、平地が少なく、山も険しいため生活には不自由で、麓の館に住むことが多かったようです。

躑躅ヶ崎館(この名前は通称で、実際には、武田氏館といいます)は、信玄の父、武田信虎が築き、子の武田勝頼が信長に甲府を攻められる頃まで、武田氏の本拠地でした。
信長に備えて、躑躅ヶ崎館の後方に当たる場所に新府城を築き、本拠を移すまで使用されます。

尚、現在は、本丸に当たる部分が「武田神社」として使用されています。
この武田神社の部分が、武田信虎が造った部分で、信玄時代のは大きく拡張されたことが、わかっています。

「館」でありながら、実際には、何重にも堀が掘られ、土塁も築かれ、しっかり要塞化されています。

例えば、ヨーロッパのお城は、城と王様の住まいが一緒です。宮殿がまさにそうです。
個人的には、躑躅ヶ崎館のイメージは、宮殿のイメージです。

武田信玄ほどの大大名の「城」としては、いささか防御力に不安もありますが、実際には、広大な城下町を含めた防御力を考えるので、そう考えた場合は、全国屈指の規模となるようです。

現在のJR甲府駅から武田神社までは、2.2キロの緩やかな上り坂の一本道です。
この道沿いには、現在、山梨大学があり、このあたりは、当時、武田重臣の屋敷があり守りを固めていました。
この坂道は、逆に言えば、躑躅ヶ崎館から見ると緩やかな下り坂で、武田騎馬隊を敵軍に突撃させるには、うってつけではないかと感じます。

躑躅ヶ崎館の呼称の由来は、現在の武田神社の鳥居から見ると右手奥にあり、躑躅ヶ崎館の大手門から見ると左手先にある「躑躅ヶ崎」と呼ばれる山から、そう呼ばれるようになりました。

躑躅ヶ崎を含め、躑躅ヶ崎館の背面には山岳があり、館を守っています。
いざという時には、すぐ背後の躑躅ヶ崎に籠ることもできそうです。

そんな躑躅ヶ崎館ではありましたが、守護大名武田氏の居館としては、勝頼が籠らなかったこともあり、攻撃を受けることもなかったようです。

武田氏滅亡後は、織田、豊臣、徳川の甲府周辺の政庁として、甲府城が築かれるまで使用されました。

尚、甲府城は現在のJR甲府城にあり(電車が停車すると、車窓の左右から城跡が見えます)、躑躅ヶ崎館から甲府城への移転に際しては、城下町を移転することなく、上記の一本道の上から下へ政庁を移転させただけの低コストで済ませたように思われます。


躑躅ヶ崎館02.JPG武田通り。奥に小さく見えるのが武田神社の鳥居。緩やかな坂だ。


躑躅ヶ崎館03.JPG武田神社鳥居前のお堀。


躑躅ヶ崎館04.JPG武田神社鳥居横の石垣。躑躅ヶ崎館時代のものではないと思う。


躑躅ヶ崎館05.JPG社殿がある場所が主郭。左が西の丸。右端の高さ中央が大手。


躑躅ヶ崎館06.JPG


躑躅ヶ崎館07.JPG武田神社拝殿。


躑躅ヶ崎館08.JPG信玄が使ったと言われる井戸。今は濁っている。


躑躅ヶ崎館09.JPG信玄の娘の産湯に使ったと言われる井戸。今は神社のお水取り。



躑躅ヶ崎館10.JPGこの図に加え、右手に曲輪が造営されている。


躑躅ヶ崎館11.JPG梅翁曲輪側の入り口から、西曲輪を見る。


躑躅ヶ崎館12.JPG西曲輪。3段構えになっている。


躑躅ヶ崎館13.JPG西曲輪の中央部分。


躑躅ヶ崎館14.JPG西曲輪最上部の土塁。北曲輪(味噌曲輪)につながっていた。


躑躅ヶ崎館15.JPG主郭(本曲輪)と西曲輪を分ける空堀。かなり深い。


躑躅ヶ崎館16.JPG西曲輪の反対側に来て、大手門跡。


躑躅ヶ崎館17.JPG大手門外の曲輪跡。発掘調査は、比較的最近で、武田時代、豊臣時代と各時代の以降が重なって出てきた。


躑躅ヶ崎館18.JPG馬出、三日月堀が発掘されたという。甲府周辺では多いというが、
これをヒントに真田幸村(信繁)は、大坂城に真田丸を築いたのではないかと思った。


躑躅ヶ崎館19.JPG馬出を越えて大手・先の曲輪、土塁を見たところ。奥のこんもりした丘が躑躅ヶ崎。
大手に詰め寄られた場合は、ここからの攻撃もあったのではないかと考える。


躑躅ヶ崎館20.JPG曲輪を出て、土塁を見る。




【入館料】
宝物殿 大人300円 小人150円



【開館時間】
宝物殿 不明



【関連人物】
武田信玄晴信
武田信虎
武田勝頼
武田義信
武田信繁
山本勘助
真田幸隆
真田昌幸
馬場信春
山県昌景
高坂弾正
飯富虎昌
原虎胤 他



【名物】
信玄餅
甲州桃
甲州ぶどう
ほうとう
甲州ワイン
くろたま


【祭り】
信玄公祭り(4月上旬)
武田24将騎馬行列(4月12日)
大神宮節分祭(2月3日)
厄除地蔵尊祭(2月13日〜14日)
天津司の舞(4月上旬・国の重要無形民俗文化財)
正の木祭り(5月2日〜5日)
甲府大好きまつり(10月中旬)
甲府えびす講祭り(11月23日)



【周辺情報】
武田信玄公墓所
山梨県護国神社
大泉寺(武田信虎墓所)
龍華山永慶寺跡(生類憐れみの令に関わった柳沢吉保菩提寺跡)
甲府城
長禅寺(甲府五山)
甲斐善光寺
湯村温泉郷
石和温泉
昇仙峡
新府城



【交通】
JR甲府駅から武田通りを北に2.2キロ
JR甲府駅(北口)よりバス利用で約8分。
山梨交通「武田神社」行、又は、「積翠寺」行。

中央自動車道 甲府昭和ICより約30分。
県道7号線を北へ。JR中央本線を超え右へ。
約1キロで武田通りに出るので、その後、北上。


[ここに地図が表示されます]
iPhoneでの検索は「躑躅ヶ崎館」で。



posted by 三度笠 at 19:26| Comment(0) | お城・メイン目次 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

コラム・目次

大名庭園・兼六園.JPG

ロゴ00目次.jpg

コラム.jpg


■天守は壮麗な●●だ! ←Click Here
※天守は、普段、何に使ってたの?


■大名庭園 ←Click Here
※大名庭園は、ただの、綺麗なお庭じゃない!


■怪談・皿屋敷 ←Click Here
※播州皿屋敷、番町皿屋敷、お菊・皿屋敷伝説



■伊賀上野、旅のプラン ←Click Here
※外国人にも人気の忍者の里に行ってみよう!ニンニン!


■格安!京都の旅! 旅のプラン ←Click Here
※人気の京都に格安で行っちゃう!



■崩れゆく、軍艦島 ←Click Here
※長崎・軍艦島探検記

















CMでもおなじみ!クラブツーリズム♪
posted by 三度笠 at 18:28| Comment(0) | お城・メイン目次 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月15日

お城・メイン目次

旅の、進め!お城を旅しよう by三度笠

三度笠トップ.JPG

ロゴ00目次.jpg
都道府県をクリックすると、都道府県のお城の目次に移ります。


ロゴ01北海道.jpg
↑ClickHere


ロゴ02青森県.jpg
↑ClickHere

ロゴ03岩手県.jpg
↑ClickHere

ロゴ04宮城県.jpg
↑ClickHere

ロゴ05秋田県.jpg
↑ClickHere

ロゴ06山形県.jpg
<まだ記事がありません>

ロゴ07福島県.jpg
<まだ記事がありません>


ロゴ08東京都.jpg
<まだ記事がありません>

ロゴ09神奈川県.jpg
<まだ記事がありません>

ロゴ10埼玉県.jpg
<まだ記事がありません>

ロゴ11千葉県.jpg
↑ClickHere

ロゴ12茨城県.jpg
↑ClickHere

ロゴ13栃木県.jpg
<まだ記事がありません>

ロゴ14群馬県.jpg
↑Click Here


ロゴ15山梨県.jpg
<まだ記事がありません>

ロゴ16新潟県.jpg
<まだ記事がありません>

ロゴ17長野県.jpg
↑Click Here

ロゴ18富山県.jpg
<まだ記事がありません>

ロゴ19石川県.jpg
<まだ記事がありません>

ロゴ20福井県.jpg
<まだ記事がありません>

ロゴ21愛知県.jpg
<まだ記事がありません>

ロゴ22岐阜県.jpg
<まだ記事がありません>

ロゴ23静岡県.jpg
↑ClickHere

ロゴ24三重県.jpg
↑Click Here


ロゴ25大阪府.jpg
↑ClickHere

ロゴ26京都府.jpg
↑ClickHere

ロゴ27兵庫県.jpg
↑ClickHere

ロゴ28滋賀県.jpg
↑ClickHere

ロゴ29奈良県.jpg
<まだ記事がありません>

ロゴ30和歌山県.jpg
<まだ記事がありません>



ロゴ31鳥取県.jpg
<まだ記事がありません>

ロゴ32島根県.jpg
<まだ記事がありません>

ロゴ33岡山県.jpg
<まだ記事がありません>

ロゴ34広島県.jpg
<まだ記事がありません>

ロゴ35山口県.jpg
<まだ記事がありません>


ロゴ36徳島県.jpg
<まだ記事がありません>

ロゴ37香川県.jpg
<まだ記事がありません>

ロゴ38愛媛県.jpg
<まだ記事がありません>

ロゴ39高知県.jpg
<まだ記事がありません>


ロゴ40福岡県.jpg
<まだ記事がありません>

ロゴ41佐賀県.jpg
↑ClickHere

ロゴ42長崎県.jpg
↑ClickHere

ロゴ43熊本.jpg
<まだ記事がありません>

ロゴ44宮崎県.jpg
↑ClickHere

ロゴ45大分県.jpg
↑ClickHere

ロゴ46鹿児島県.jpg
<まだ取材していません>

ロゴ47沖縄県.jpg
<まだ取材していません>




コラム.jpg
↑ClickHere


【城下の祭り】


posted by 三度笠 at 21:43| Comment(0) | お城・メイン目次 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。